ちんちらブログ
お気に入り曲の紹介、日々のつぶやき(twitter経由)、マンガ、映画の感想、ケチケチ道、etc アクセス主体はHUNTERxHUNTER、GANTZ(残骸)の感想
2021 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 06
ブログのおるすばん

プロフィール

ちんちら

Author:ちんちら
映画やマンガの感想は見た人読んだ人により深く考察する内容が多いためネタバレ含みますのでご了承下さい
拍手=次も読みたい、読んでよかった人数と読み優先順位を決めます
拍手コメントは拍手コメントで返信しています。→→→ こちら

千葉県在住 夢有り 映画・カラオケ・尾崎豊好き 車・原付に乗る 嫌いな言葉「あの時はそう思った」晴れ男 小動物好き(一番頭良い動物=チンチラ(科))
アクセス解析
メル友募集中。お気軽にどぞ
chinchilla4444あっとまーくgmail.com

unique counter 7/11/01 ~

access countベストリンク最新情報コーヒーメーカーコーヒー マグカップ
現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

1/28~ 過去30日分累計

最近のトラックバック

counter

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

ガンダム名言集

映画 「キャリー」 いじめは連綿と続く
キャリー (特別編)キャリー (特別編)
(2007/07/27)
シシー・スペイセク、パイパー・ローリー 他

商品詳細を見る


う~~ん、冒頭シーン。
1976年の作品なのに、今の日本人の体型以上ですねぇ~~~。
キャリーもなかなかいいもの持ってます。

う~~ん、念動力の使える少女がいじめられて、最後念動力を暴発するって映画で特に他に何もないんですけれどね。
実はどんな映画かは知っていても見たのは比較的最近です。
一昔前の日本の恥ずかしい学園もののよーな造りです。


古い作品だけにいくつか味わいがあります。
一つはいつの時代も変わらないな~~ってゆー、「いじめ」と「ヘラヘラした軽薄な若者」です。
昨今いじめのことにはスポットがあたっていてズレたコメントしまくるお偉いサンが目に付く日本の今日この頃ですが。
いじめ、ってゆーのは単純な話で、「気持ち悪い」とか大洞ふきや自己肥大のセンスが悪くて「気にくわない」奴なんかを放っておけない人間心理からくる訳です。
だからいつの時代、どの国でもあります。人間の1つ本性でしょう。
キャリーは「気持ち悪い」からいじめられる部類に入ります。
とはいってもさすがに女優ですからね。本当にキモイのとは違います。

あのいじめの中心になっている女の子が、ボーイフレンドとドライブするシーン。
あの男のにやけた顔はムカつきますね。でもあんな男が割と女に不自由しないのだから、女の見る目の無さは何時の時代もひどいものです。
それでいて、あんな男選んで浮気だの不倫だのされて離婚だなんだと騒ぎ立てる女性は、自業自得もいいとこでしょう。
あのいじめをしている女性達、怖いですねぇ~~~。
絶対に結婚の対象とはしたくない人達です。
でも恋人となるとなかなか甘え上手だったり、色気があったりで、面白いな、と思って見ていました。
いじめを止めさせるのは難しいでしょう。
女の先生がひっぱたいたりしていますが、あの気持ちはわかります、当然ですね。
でも今はひっぱたいただけで体罰だのなんの、ですからね。
悪いことしたら殴られて当然です。一度も殴られない子供なんてろくな大人になりゃしません。
いじめは人の根元的な性悪部分ですから、犯罪を法という恐怖で取り締まるように、いじめも恐怖によってしか抑制されることはあり得ません。

見る前までは、最後みんな惨殺して終わりの映画かと思っていたのですが、実際は念動力の暴走後、母親との対峙がありました。その時にキャリーの念動力の秘密が最もらしく語られますが、まあ説得力はないです。そしてキャリーは母親に殺されかけ、自滅して死んでいきます。
最後はいじめに加わった人は生き残った者までみな不幸になる、という結末になります。
これは制作者側のメッセージでしょう。
悔いても罪は残り、償わなければならない、という。
この時代から「いじめ」に対する牽制は行われ、それでもいじめは連綿と続いてゆきます。

アクセス解析

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント
社会に衝撃を与えるような作品
園子温監督、二階堂ふみ主演で、
社会問題である「いじめ」をテーマにした映画を撮ってほしいです。
【2013/06/11 22:01】 URL | 名無しの壺さん #EQxHYSTw [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://chinchila4.blog76.fc2.com/tb.php/23-fe9012ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画☆キャリー

紹介文メイン州チェンバレンのハイスクールに通うキャリー(シシー・スペイセク)は、冴えない容姿とおどおどした物腰で、学校中の笑い者にされていた。ある日、体育授業がおえ、シャワーを浴びていたキャリーは、17にして初潮を迎えた。はやしたてるクラスメート達。教師に... ばみの乱読日記 と猫雑貨。【2009/12/07 05:50】