ちんちらブログ
お気に入り曲の紹介、日々のつぶやき(twitter経由)、マンガ、映画の感想、ケチケチ道、etc アクセス主体はHUNTERxHUNTER、GANTZ(残骸)の感想
2018 081234567891011121314151617181920212223242526272829302018 10
ブログのおるすばん

プロフィール

ちんちら

Author:ちんちら
映画やマンガの感想は見た人読んだ人により深く考察する内容が多いためネタバレ含みますのでご了承下さい
拍手=次も読みたい、読んでよかった人数と読み優先順位を決めます
拍手コメントは拍手コメントで返信しています。→→→ こちら

千葉県在住 夢有り 映画・カラオケ・尾崎豊好き 車・原付に乗る 嫌いな言葉「あの時はそう思った」晴れ男 小動物好き(一番頭良い動物=チンチラ(科))
アクセス解析
メル友募集中。お気軽にどぞ
chinchilla4444あっとまーくgmail.com

unique counter 7/11/01 ~

access countベストリンク最新情報コーヒーメーカーコーヒー マグカップ
現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

1/28~ 過去30日分累計

最近のトラックバック

counter

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

ガンダム名言集

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HUNTERxHUNTER ハンターハンター 293話 「変貌」 WJ-2010-08号 01/25発売 感想
遅くなりました。今週は無理かなと思ったのですがニッチな時間を使って書きためました。
来週分はもしかするとなんとかなるかも知れませんが、それ以降は流石にもう無理かも知れません。
他に書くべきものを全て止めているので。
拍手と記事に対するユニークアクセス数で需要を見ています。
メモは残しますがそんなものでもpostした方がいいのか・・・。
300話が終わった後に気長に記事を書いてまとめてpostとしようかなと思っています。


女王の影

パームは生きていた。
しかし、まるで女王に食べられた時のように羽化し、別の生物と融合していた。
ウロコの手足はお魚系と一緒に食べられたかのよう。
女王はもういない。
誰が作り変えたのか?

女王の力

誰かが女王と似た力を持っている。
キメラアントとしての能力か、ザザンの「審美的転生注射(クィーンショット)」 のような念能力か。
ただ、もしかすると今回の女王の力は、繭をつくり時間をかけて別の生き物に作り出すところまで酷似しているのに、明らかな違いがあるように思える。
それはまさに作り変える能力。
以前の記憶ともしかすると念能力さえもを引き継ぎ、そしていいように性格を変えられ、キメラアント側の尖兵として操作されている。
女王の力を模倣しながら、念能力で生まれてくるものの姿や記憶や性格を操作しているような。
そんな能力だろう。

第二の女王の候補

女王の真似ごとをしているのは誰か?
護衛軍というのは本来考えにくい。
なぜなら、もしパームが護衛軍に接触していれば、パームの持つ情報はほとんど護衛軍に渡っていたはずだ。パームの脳が手に入れば、生きていようが死んでいようが。
パームがエレベータで王宮に上がれば、普通にハンター側の尖兵として疑われる。そのために完全自害の準備もしてきた。
しかし護衛軍はノヴの力も襲撃も全く知らなかった。明らかにパームの知識を護衛軍も王も入手してはいない。
ただし護衛軍に捕まりながら一切の情報を護衛軍が知りえなかったことも考えられなくはない。
パームが作り変えられている以上、完全な自害を行えた可能性は低いだろう。情報を引き出せないくらいの完全な死体から、ここまでパームの記憶を引き継いだ人物を再生させられるとは思えない。
同様にパームが念能力などで記憶をガードしたとしても、作り変えられている時点で記憶が残っているのだから、引き出せなかったとは思えない(作り変えられている途中のパームへ接触する機会が無かった可能性はありうるが)。
すると第二の女王の力を有するものが護衛軍の誰かであるなら、一番考えられるのはパームを捕えながら王がパームから記憶を引き出すことをよしとしなかったパターンだ。王の気性を考えればありえない事ではない。
護衛軍が候補にあがるなら、プフが最有力候補となるだろう。
パームは自分の力の使い方に目覚めている。これは、シャウアプフの「麟粉乃愛泉(スピリチュアルメッセージ)」の能力とつながる。
ピトーはすでに複数の念能力を手に入れているし、ユピーはそういった能力を使えそうにない。
護衛軍でなけれぱ王自身が取り込んだ能力か。
師団長の誰かということなら、護衛軍を出し抜こうとする動機もあるが、ザザンのレベルと女王以上の能力を考えると師団長でも役不足な気はする。
むしろ、まだ未登場のその能力に特化した誰か、の方が今のところしっくりくる。

再生

パームの再生は、1つの救いの可能性もある。メレオロンやそしてジャイロがそうであったように。
女王の作り出したキメラアントより色濃く記憶を残すこの新たな能力の使い手は、パームを新たな力を手に入れて再生させただけという結果も無くはないのだ。
記憶を残した生まれ変わり、人体の再構築のみの再生は、キメラアント編の唯一の救いの設定だろう。
そして、その力はカイトにも本当は及ぶことができるのだ(そうはならないだろうが)。

パームの変貌 新たなリスク

ゴンがカイトのことでここまで身勝手な行動を取り、仲間を危険にさらし、人類を危険にさらしているのは、子供の頃に出逢い、グリードアイランド後 NGLまでずっと一緒にいて、念能力者としても人間としても尊敬できる存在が、死よりも無残な姿になったものだからだと思っていた。
ゴンでさえ、見ず知らずの人間にはここまで怒らない。見殺しにすることもある。
しかし、今回パームのことで壊れかねない、最後の一押しとなるとキルアは判断した。
ゴンがもう精神的にギリギリまで追い詰められているということを鑑みても、ゴンという人間の許容範囲はどこまでなのか?と考えてしまう。
パームは決してゴンにとってカイトのような存在では無かった。
NGL突入メンバなら誰でもゴンはパームと同じ状態になると考えていいだろう。
しかし、見ず知らずのコムギはどうだったか?ゴンはよくわかっていた。コムギがただの人間であるということを。
ゴンの優しさはその分の冷たさに繋がる危うさを秘める。フローレス。まだどちらでもない存在。
だが確かにゴンは基本的に善だ。キルアとは違う。今のゴンなら少しでも知っている存在、例えばスピーナ=クロウ のような存在でも、パームのようになれば壊れかねない、わけ隔てのない強い思いを人に抱く存在だろう。
一方キルアは、カイトの状態にも冷静でいられた。
キルアがゴンほどに取り乱すことがあるとしたら、それはゴンだけだろう。

パームの記憶

パームの記憶は本物かどうか?
敵に植え込まれただけの情報ということは多分ないだろう。
それは彼女の持つ知識面ではなく、彼女がキルアに見せた「相変わらず憎たらしい」説明、口調、態度。
それらから確かにパームは元の状態をある程度引き継いでいると思われ、だから彼女の口から出た知識もおそらく元々持っていた記憶ではないかと思える。

偶然の出会い

キルアとパームのやり取りは、さすが冨樫先生と言う難しさと分かりにくさがあった。
はじめパームはキルアが自分の能力千里眼に気付いていることを前提に、自分の千里眼が一度リセットされていることをキルアに気付かれたくないのかなと思った。敵だと思われると思って。しかし、これだとゴンの居場所を聞けば矛盾が生じてしまう。
パームは元々ゴンの居場所を知りたかった。だからパームはキルアを見つけた時、ゴンの居場所を元々聞くつもりだったのかと思った。しかし、それだとパームが一度逃げた理由が今一納得できなくなる。
キルアが予想したように、パームが仮に千里眼の能力をまだ有していたとしても、ゴンの居場所がわからなくなっている以上、一度リセットされていることは確実だ。これはおそらくパームが別の肉体になってしまったことで条件付けが成り立たなくなっているからだろう。
パームが元々ゴンの居場所をキルアに聞くつもりだったなら、キルアを初めに見たとき、そのまま声をかけてしまえばよかった。本当にその時点では偶然に出会ったのだから。
それをやらずに一度離れたのは、キルアをやり過ごして自分一人で探すつもりだったのが、キルアが追いかけてきたので方針変更して味方の振りをして聞くことにしたのか、自分が逃げた先が袋小路だったのか、一番考えられるのは逃げるのにむかついて偶然会った振りをすることにしたというところなのだろう。

パームの千里眼

キルアはパームがキルアの居場所を正確に掴んでいるということからパームの能力を千里眼に限定しているが、これは強引すぎるだろう。
もしパームでなければ別の力を考えただろうし、もっと自然な発想ならカメラが生きているでも、円でも、いくらでも考えようはある。
パームが千里眼の能力を有しているかどうかは現段階では本来全くの不明だが、流れからも、またパームが記憶をほぼ持って生まれているであろう描写からも、多分有してはいるのだろう。

ゴンへの執着

生まれたばかりのパームがゴンを探す理由は何か?
一番考えられるのはゴンを見つけ出し自分のものにすること=最終的には殺すこと、そうでなくてもゴンを無力化する融合なり拘束なりなのは間違いないだろう。
ではノヴでなくゴンだったのはなぜだろう?
ゴンへの愛は(と呼べるかどうかは別として)より妄執に近いものだろう。だからその思いが残った。とも考えられるが。歪んだ思いの方が念が強くどちらが大事かとは全く別に死後も残りやすいという理屈で。
彼女を操っているもの、作り変えた時にどう作り変えるか考えた者がいるとしたら、ゴンへの執着を増幅させ尖兵とした動機はなんだろう?
ゴンとノヴではどう見てもノヴの方がやっかいで強力な敵であるのだから(ノヴの戦線離脱は敵側は今も知りえない)、ゴンをターゲットにする理由は薄い。
すると敵側はパームに明確な役割を担わせたのではなく、彼女の妄執を利用し、撹乱できれば良い程度に考えたということだろう。
あるいは、そこまで作り変えるときに操作できないか。
どちらにしろ、彼女の心の執着を利用したことは間違いない。ここまでの敵意を植え込まれている以上。それなら、パームにとってより自分のものにしたかった執着は、もしかするとノヴではなくゴンであったのかも知れない。

暗黒の鬼婦神

ブラックウィドウは彼女の持つ激情を髪を媒介にして肉体を強化するような能力だろう。
強い感情はそれだけで念能力として制約になりうる。
元々自分本来の力、フィットする力ほど念能力は力を出す。
しかも彼女は元々強化系だ。
彼女の念能力を正しく開発したなら、暗黒の鬼婦神のような能力が最適であったに違いない。
師団長たちに最適な能力をアドバイスしたプフならば、パームにブラックウィドウを授けたに違いない。
パームがブラックウィドウを持つに至ったのは体の作り変えとは直接関係しているとは限らない。
より人間の感情を捨て、動物のようなナチュラルな本能に身をゆだねたからなのか、あるいは誰かのシナリオ通りなのか。
どちらにしろ、潜在能力を出し切ったパームはキルアにして師団長以上の強敵になったのは間違いないだろう。
ブラックウィドウは重量50kgになる特注の合金製ヨーヨーを弾くのではなく破裂させている。
つまり力が分散せずに、一点集中しているからなのかも知れない。
キルアが初めから神速(カンムル)を使って応対しなかったのはそれだけ彼女の動きが速かったからとも、不意を突かれたからとも、心の準備ができていなかったからとも考えられるが、多分キルアがパームを傷つけるのをまずはためらったからなのだろう。

タフネス

ナックルがまた新たに護衛軍と対戦しようとするのはこれこそタフネスだろう。
ある種、ノヴと対極的なキャラだ。
体力はさておき、念はハコワレの特性上あまり失っていないだろうメリットはあるが。
ナックルはこの短い戦闘でとてつもなく成長した。
技術面だけでなく、その成長はより精神面に顕著だろう。
その最たる例が、新たな護衛軍プフとの戦いだろう。
護衛軍は悪そのものではないということがナックルにはもうわかっている。
ナックルは闘う前に話し合いをする希望を捨て切れていなかった。
しかし、今のナックルは、プフに有無を言わさず戦闘をけしかけている。
それに今のプフはおそらくゴンとピトーを見守っているだけだ。
それでも戦闘をしかけるのは、展開によっては大きな障害になるから。
今は問題なくとも。
話し合いができようができまいが。
それも完敗した護衛軍相手に。
作戦成功について一番考えているのも、今闘えるメンツの中でナックルだろう。
キルアもメレオロンも身勝手、自分の欲でしか動いていない。
ゴンに至ってははじめから戦力外、カイトという私利私欲の為にしか動いていない。
そのナックルもただし基本的には危うい。
プフの行動1つではまるめこまれるほどに。
モラウほどの揺るがない戦士の意思は持っていない。

1/7スケール

戦闘は相性だ。
プフのような頭脳派ならば、プフと最初に対戦していたなら、ナックルは死んでいただろう。
プフは護衛軍の中で一番現実主義者であり、変わらない意思を持っている。
もしプフが 100%の力を出せたなら、メレオロンを使わずに戦いを挑んだナックルでは勝ち目はなかっただろう。
しかし、幸いにもプフは今 1/7の力を持つ分身だ。
オーラの総量がケタ違いの護衛軍相手に、オーラが 1/7だったとしてもはるかにナックル達より多いだろう。1/7でも師団長などよりはるかに強い。
しかし、分身のプフなら「麟粉乃愛泉(スピリチュアルメッセージ)」や「蝿の王(ベルゼブブ)」 が使えない可能性は非常に高い。それなら、ナックルが勝てるとまではいかなくとも、死なない可能性は高い。というより、これら能力を使われたら誰であろうと本来は生き残るのは困難だ。さすがに分身が使ってくるとは思えないが。
(ここまで成長したナックルが今さら死ぬ展開はほぼないだろうが)

メレオロン

そしてもう1つ、ナックルには不確定要素がある。
それはメレオロンの神の共犯者。
ただし、メレオロンの神の共犯者は再三に渡って使われており、プフなら念能力の根幹に気付き始めておかしくない。
今回のハンター側のメンツで最も死ぬ確率が高いのがメレオロンだろう。
彼の力は使うたびにその圧倒的念能力としての優位を失っていき、そして今後あまりに強力すぎるその能力は、早目に積まれる可能性を色濃く秘める。
それはこの戦い、1/7スケールプフを倒すことと見返りにあるのかも知れない。



アクセス解析

テーマ:HUNTER×HUNTER - ジャンル:アニメ・コミック

この記事に対するコメント
Re: タイトルなし
愛読者様

遅い投稿にも目を通していただきありがとうございます。
相変わらずうろおぼえで書いていて申し訳ないです。m(_ _)m
こういった指摘は本当に助かります。
修正させてもらいました。

キルアのヨーヨーはなんかアイテム使って色づけ程度に思っていました。
ゴンは釣り竿ですがとっくに扱いあぐねている感じで。
キルアがヨーヨーをこの先ちゃんとしっくりくる武器にしていくなら、念をこめて使っていくしかないですね。

まだまだ至る所戦闘が続き、300話では到底終わりそうもないですね。
【2010/01/30 15:54】 URL | ちんちら #- [ 編集]

Re: お疲れ様です
パム様

ご指摘ありがとうございました。
適当に過去の記憶だけで書いていたのでいろいろ認識が間違っていたみたいで。
あと十分に読まないで書いてしまったようです。
確かに額は水晶みたいですね。
人体と融合しているのだとすると作り替えの時どうやったんだろう、と思ってしまいますが^^;

ご指摘いただけるととても助かります。
面倒なのでご指摘部分はざっくり削除してしまいました。
ありがとうございました。
【2010/01/29 23:15】 URL | ちんちら #- [ 編集]


いつもながら深い考察に恐れ入ります。
ただ…能力名など重要な部分の誤字が多いのが気になります。
暗黒の貴婦人→暗黒の鬼婦神
ブラックヴィドック→ブラックウィドウ
心流拳聴→心滴拳聴

不安な点がひとつ。キルアのヨーヨーは今回のパーム以上の使い手には
全く通用しないことが証明されてしまいました。
これから先どうなるやら…
【2010/01/29 20:16】 URL | 愛読者 #- [ 編集]

お疲れ様です
パームの額のって普通に水晶なんじゃないですか?

あと外の繭ってなんですか??
生まれそうな繭は前から控え室のパームのやつだけですよね?
【2010/01/29 10:33】 URL | パム #mvcB0rpk [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。