ちんちらブログ
お気に入り曲の紹介、日々のつぶやき(twitter経由)、マンガ、映画の感想、ケチケチ道、etc アクセス主体はHUNTERxHUNTER、GANTZ(残骸)の感想
2021 04123456789101112131415161718192021222324252627282930312021 06
ブログのおるすばん

プロフィール

ちんちら

Author:ちんちら
映画やマンガの感想は見た人読んだ人により深く考察する内容が多いためネタバレ含みますのでご了承下さい
拍手=次も読みたい、読んでよかった人数と読み優先順位を決めます
拍手コメントは拍手コメントで返信しています。→→→ こちら

千葉県在住 夢有り 映画・カラオケ・尾崎豊好き 車・原付に乗る 嫌いな言葉「あの時はそう思った」晴れ男 小動物好き(一番頭良い動物=チンチラ(科))
アクセス解析
メル友募集中。お気軽にどぞ
chinchilla4444あっとまーくgmail.com

unique counter 7/11/01 ~

access countベストリンク最新情報コーヒーメーカーコーヒー マグカップ
現在の閲覧者数:

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

1/28~ 過去30日分累計

最近のトラックバック

counter

ブログ内検索

RSSフィード

QRコード

QRコード

ガンダム名言集

テキサス州で巨大UFO目撃相次ぐ
今朝出勤前に「やじうまプラス」を見ていたら、出掛けにショッキングな話題が。
アメリカテキサス州で巨大UFOの目撃が相次いでいて、全長が 1.6キロ、しかも見た人が一人や二人ではなく「多数」ということ。
皆さんはUFOを信じますか?

追記:
2007/6/22にも 1.6kのイギリス海峡上空で旅客機の乗客らによる巨大UFO目撃情報があったみたいです。同じ長さとは。
http://www.kokusainews.com/article/45894128.html

2/6 更に詳細な内容がわかる記事が見つかりましたので追記しておきます。5分間 40名だそうです
[続きを読む]
スポンサーサイト



テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

次元とは何か?
この世は3次元と言われます。
しかし、私は時が無ければ全ては動かないのだから意味がないと思っていました。
一次元は線で二次元は平面だといいます。しかし、平面も線も厚みがなければ存在し得ないのではないか。
そう、昔から思っていました。
4次元を考えようとするとパニックになります。
頭のいい人の難しい説明はさっぱりわかりません。
私がたまに立ち読みするサイエンス誌「ニュートン」に次元に関する最新の説明がされた特集を昨年発見しました。
千円する月刊誌だし場所に困るので滅多に買いませんが、即購入することにしました。
次元とは何か?私が過去にずっと抱いていた疑問にある程度答えをくれて、4次元についてどう考えればいいかかなりヒントをもらったので感想を書きたいと思います。
頭が足らない私の次元というものの考え方に関する感想です。
もっと早くに感想を書ければ良かったのですが・・・
1月号の記事で今店頭に並んでいるのは2月号です。
でもバックナンバーは入手できるみたいです。
私にとってはお宝本です。

Newton (ニュートン) 2008年 01月号 [雑誌]Newton (ニュートン) 2008年 01月号 [雑誌]
(2007/11/26)
不明

商品詳細を見る


[続きを読む]

テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

NHKスペシャ 100年の難問はなぜ解けたのか ~天才数学者 失踪の謎~
「死の難問」を解くということがどれほどの孤独と戦うことなのか。あれほど笑顔の素敵な若者だったグレゴリがあれほど変わり果ててしまうほどに。
数学を究めて精神を病む人たちのあまりに至高な姿に胸を打たれました。
数字で語り合える人たち、真理の世界に出入りできる人たちを本当に羨ましいと思いました。
映画「グッド・ウィル・ハンティング」と小説「火星転移」の感動の最後を思い出しました。
人の精神では耐えることの困難な、究極の至高な空間があるのだな。常人では近寄ることも許されない。触れれば正気を保つことも困難な。それは小説やマンガのような簡単に出入りできる空間ではなく、現実の世界で限られた人間が多くの血肉を犠牲にして行き着ける、人の能力で到達可能な最も至高な場所。
いずれ私の血肉となっていく、そんな番組を見れました。

[続きを読む]

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ